複利運用・追加資金について

複利運用について

毎月各種運用から回収した資金(回収金)の全額を複利運用したいとは思いますが、とりあえず税金分として決済益の20%は、銀行口座に置いておこうと思います。

残りについては、一部をビットコイン積立資金にするつもりです。2021年2月現在、ビットコインは最小購入単位でも約6,000円、イーサリアムは約2,000円します。どちらも週1回ずつの購入ですが、資金的な負担が大きくなってきました。当初予定したいたように2週間に1度でも良いかなとも思ったのですが、回収金を一部積立資金とすることで、もう少し、週イチの購入を続けてみようと思います。

残りは、マネパnanoの連続予約注文にするか、トライオートETFにするか悩みましたが、トライオートETFで運用することにしました。理由は、償還リスクはあるもののロスカットラインを気にすること無く運用でき、現在のところは、利益率もFXより良いからです。

方法は、回収金用の追加資金ブロック(トライオートETFのブロックと同じもの)を作成し、5万円を1セットとしてブロックの1/4を稼働させる予定です。利益幅は、大中小の中を採用しようと思います。

また、回収金が10万円あったとしても、同日に10万円分トッピングするのではなく、1週間ないしは2週間おいてから、レートに合わせて追加の予定です。トッピングする曜日は特に決めていないですが、火曜日から金曜日を考えています。月曜日の夜は、窓が開くことが多く、同じ値でポジション持つとなぜか損した気持ちになるからです(自分の個人的な気持ちの問題です)。

追加資金について

追加資金の運用については、複利運用のトライオートETFと同様の運用を考えています。

また、追加資金についても20%は暴落時資金として分けておく予定です。

2021年3月に、少し追加資金を投入しようと思っていますが、一気に注文を入れずに、複利運用の注文の無い週に、レートに合わせて5万円ずつくらい注文を入れようと思います。

追加資金の運用については、代用有価証券で連続予約注文もしたいと思っているので、その時その時で臨機応変にするつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました